畑結彩

2018年入職
介護職員 特別養護老人ホーム菜の華
花園大学 文学部日本文学科卒業

わからないことを聞きやすい職場です

「生きる」ということの意味を考えながら仕事をしていきたい

●成城会を志望した理由は何ですか
マイナビの合同説明会で成城会と出会いました。成城会は他の施設に比べ、ご利用者と職員に優しい設備が充実しています。また、人と関わり、心を通わせる仕事をやりたいと思っていた私はご利用者に対して感謝の気持ちを持って仕事をしている介護職員の姿を見て、福祉への想いが「興味」から「やってみたい」に変わりました。

就職するにあたり人間関係も重視していましたが、先輩職員との座談会で他職種が垣根なく意見を伝え合うという話を聞き、ここで自分自身のコミュニケーション能力を上げ、社会人として頑張っていきたいと思い成城会に決めました。

●成城会の良いところを教えてください

社会人になることが最初は不安でしたが、成城会は入職前に内定者研修があったので、様々な事業所の雰囲気を知る事ができました。また、入職してからも、実際に現場勤務に入る前に福祉について学ぶことができたので、安心して利用者さんと関わることができました。

わからないことを先輩に聞きやすい雰囲気があるので、とても働きやすいです。

●一番印象に残っていることはなんですか
特別養護老人ホームで勤務しているとご利用者の最期に関わることがあります。入職してまもなく1人のご利用者が逝去されました。介護経験も浅く、人生で人の死に立ち会うことのなかった私は何をどうしたらいいのか分からず、頭も真っ白になり、ずっと泣き続けていました。
その後、亡くなった方が本当に幸せだったか考える中で、もっと話をしてあげたらよかった、もっと楽しいことをしてあげたかったと後悔ばかり感じました。その時、今後はご利用者にもっと寄り添いたいと思いました。

これからはご利用者とご家族に「此処で最期を迎えられてよかった」と思っていただけるように関わっていこうと思っています。そして何よりも自分自身が介護という職業で「生きる」ということの意味を考えながら仕事をしていきたいです。